ナッシュは冷凍庫の場所を取る

僕はナッシュという冷凍弁当を定期購入しています。
ナッシュは冷凍庫の場所を取るので冷凍庫を買いました。
冷凍庫と言っても小型なのですが、ナッシュを気にせずに購入することができます。
さて、その冷凍庫ですが、先日、扉が閉まらなくなりました。
開けっ放しにすると霜が付くのですが、どうにも閉まらない。
仕方ないので扉を外してみたところ……何となく隙間が出来ているような気がしました。気になって中を見てみると……冷凍室の底板が外れていました。
底板にはネジ穴があるので、何かが引っかかって外れたようです。
しかし困ったことに底板を外すと、そこだけ冷凍焼けしているようで真っ白な霜だらけになってしまいました。とりあえず冷凍室の掃除をして新しい板を取り付けておきました。…………この前買ったばかりの冷蔵庫なのに! もう壊れたのか?と思いつつ、今日も冷凍食品を食べています。
そして、今朝は寝坊したので朝食抜きになりそうです。最近、ちょっとした楽しみがあるんです。
それは毎日届いている郵便受けを開けること。
僕宛の手紙なんてないと思うけど、それでも楽しみなんだ。
だって、僕の家に来るのは配達員さんくらいだからね。
でもその日だけは違ったんだ。
いつものように郵便物を取って、いつもとは違う手紙を見つけた。
差出人の名前はなかったけれど、僕はそれが誰からなのかすぐにわかったよ。
そこにはこう書かれていたんだ。
――お誕生日おめでとうございます。あなたが生まれてきてくれてよかった。
ありがとう、お母さん。また一つ年を取りました。
子供の頃、母の誕生日にプレゼントを贈ったことがあります。
その時は何を贈れば喜ぶか分からず、結局自分で作れるクッキーを作りました。
母は喜んでくれたものの、もう少し特別なものを欲しかったと言われてしまいました。
そこで次の年からは手作りケーキを作るようになりました。スポンジやクリームを焼く作業は大変だったけど、苦労する分だけ達成感がありました。
それからは毎年、母のバースデーケーキを作っていましたが、ある時期から作らなくなってしまいました。
その理由はとても簡単で、毎年同じものを作っていたせいで飽きられてしまったのです。それ以来、母のリクエストを聞いて作ることは無くなりました。
そんな思い出のある今日、仕事帰りに立ち寄ったコンビニでそれを見つけました。
それは僕が作ったものと全く同じデザインのショートケーキ。
思わず手に取ってレジへ持って行きました。
帰宅後、早速食べてみるととても美味しく出来上がっていました。
スポンジもクリームもしっとりしていて甘さが控えめで食べやすく、飾り付けされた苺もまたいいアクセントになっていて文句なしの一品です。
もちろん味だけではなく見た目も同じです。これはきっと僕以外の誰にも真似できないでしょう。